レビトラの処方を新宿で受けました。

恥ずかしながらEDになってしまった

恥ずかしながらEDになってしまったレビトラの処方を受けたまだまだEDが完治したと言えない

恥ずかしながらEDになってしまい、新宿の病院に通いレビトラの処方を受けました。
先生からは色々な治療法を提案されましたが、その中でも良いと感じたのが、レビトラです。
即効性が高くて食事の影響も受けにくい所が気に入りました。
ただ、先生からは薬だけでは治るものも治らないので、食生活の見直しを行うようにも指導を受けました。
特に高カロリーな食べ物や揚げ物などは控えるように言われてしまい、私の好きな食べ物が食べられなくるのはショックで残念な気持ちになったのです。
ラーメンも好きでしたが、EDの改善の為にと考えて止めることにしました。
妻にも外食は控えるように言われたので、真っ直ぐ家に帰ることが多くなり、会社からの飲み会も断る様になりました。

誕生日プレゼントに新宿二丁目にてレビトラとメンズ包装のゴム製のあれ頂きました!!怖いけど面白い街やなー。
27才、若いふりしてごめんなさい pic.twitter.com/cmCQfWTkq1

— れいんぼう a.k.a 隠居man (@kawamura_union) 2016年12月22日
お酒も好きでしたが、あまり飲みすぎてしまうと麻痺をすることに繋がるので、控える様にしました。
煙草も神経を萎縮してしまうので、本来ならば禁煙するべきなのですが、いきなり禁煙をするのは難しい為、徐々に本数を減らして行くことにしたのです。
煙草を吸わない事でストレスを感じる事もありましたが、ガムを噛むなどして、気分を紛らわせる事で少しずつ禁煙をする事ができて良かったです。
他にもEDの原因である血行不良の改善の為、運動も行いました。
会社の一つ手前の駅で降りて歩くようにする事から始めましたが、段々歩くのが楽しくなってきて、最終的には自宅から会社まで歩いていけるようになりました。
ダイエットにもなったので、体重も落ちて心身ともに健康になる事が出来たので、良かったです。
そんな事を続けている内にEDも改善に近づいてきてくれました。